遺言書を発見した際に必要となる手続きと気をつけたいこと

2015.4.21|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

父母などの家族が亡くなった後で遺言書が発見されたというような際には必ず適切な手続きを取る必要があります。
その手続きとしてまず最初に必要になるのが「検認」です。
これは各地方にある家庭裁判所に見つかった書類を持参し、そこで「確かに被相続人が作成したものである」ということと「偽造を防止する」ということが行われます。
検認を申し込んだあとは一ヶ月ほどで「開封」が行われることとなりますから、法定相続人が集合する前で書類が開封され、ここで初めて内容が明らかになるのです。
この後は記載されている内容に従って遺産を配分したり、法定相続人同士で話し合いをしたりといったことになっていくでしょう。
ただ注意点として覚えておきたいのが「例え血縁者が作成したものであっても、勝手に開けてはならない」ということです。
遺言の開封は必ず家庭裁判所が検認を行った後でなくてはなりません。
見つかったことに喜んだり、戸惑ったりしてあわてて開けてしまう人が多いのですが、勝手に開けてしまうと「5万円以下の過料」が発生することもあります。
もし知らなかったものが発見されたとしても、まずは落ちついて家庭裁判所に持参し、適切な手続きを進めるようにしましょう。手紙03

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。