遺言を秘密にしたい場合に必要な手続き

遺言の作成自体は行うものの、その内容に関しては内密にしたいというような場合にはいくつかの方法をとることができます。
まず一つ目の方法となるのが「自筆証書遺言を内密に作成し、自室などに隠しておく」ということです。
これは比較的よく行われる方法となっているのですが、その内容に関しては法律による証明がされることはありませんし、またそもそも死後に遺言が見つからないという事態が発生するリスクもあります。
そのため「内容を誰かに伝えたくはないが、必ず見つけてほしい」と言うような場合には「秘密証書遺言」を利用することが手段となります。
これは遺言の存在を公証人役場で証明してもらうものであり、手続きとしては「2人以上の証人を連れて、作成した遺言書を公証人役場に持参する」ということが必要になります。
これを行うことによって公証人が遺言が収められた封筒の上に遺言者の事故の遺言書である旨と、提出した日付を記載してもらうことができます。
その後は遺言者と証人が封筒に署名・押印することによって、手続きは完了です。
ただ管理に関しては遺言者自身が行うこととなっていますから、あまりにも目につかない場所にしまってしまうと見つけてもらうことが出来ない場合があります。
また公証役場で作成・保管してもらう公正証書遺言とは異なり、その内容に関して公証人は何の保証をするわけでもありません。
「内容を誰にも明かしたくないが、存在だけは証明してほしい」という場合には良い方法となりますが、より確実な内容などを記載したい場合には他の方法を検討することをお勧めします。手紙01

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check